幸せな人が増えれば世界はよくなる!【Social Cafe】

第2部フリートークタイムの様子
 11月26日(金)の夜、港区虎ノ門にあるCANPANセンターにおいて、「幸せライフを目指す"肉食系女子"と、幸せ社会を目指す"ソーシャル系男子"が出会ったら?」という、新しいテーマの合コン「Social Cafe」が開催された。
 この日集まったのは学生、社会人、NPO・NGOの職員や関係者など、社会貢献に興味を持つ14名の"肉食系女子"と9名の"ソーシャル系男子"。ちなみに主催する日本ソーシャルブロガー協会の定義によると、肉食系女子とは、自分の幸せに前向きな女子、ソーシャル系男子は世界、他人のために活動する男子のこと。

この「Social Cafe」は普通の合コンとは違い、ある一定のルールが存在する。
①1卓男女4~5人のグループに別れる
②設定されたトークテーマについて語り合う
③25分で記録係1人を残して席替え
④各テーブルで前のテーマのトーク内容を共有してさらにディスカッション
⑤3回ほど繰り返した後、最初の席に戻って最後のディスカッション
このような流れに従う事で、様々な男女が自然に知り合え、普段合コンでは話さないような話題を通して、その人の本音が見えてくるという。

 この日のトークテーマは「少子化」。「子どもは欲しい?」「理想の家庭とは?」などと、初対面の男女にしてはいささか"突っ込みすぎ"とも思われる内容に、始めのうちは照れくさそうにしていたソーシャル系男子たちも、それぞれの考えを語ることによって自然と会話は弾んでいった。
「普段は話さないような人たちと接することができて、とても刺激的でした」
告知サイトで「Social Cafe」の開催を知って、一人で参加した大学生(男子)は、筆者にそう語ってくれた。

 最後は「未来のしあわせな家庭と自分のために、今何ができる?」という問いに対する答えを、それぞれが紙に書いて第1部終了。そして第2部は立食形式でのフリートークタイム。1部では話すことができなかったプライベートや仕事について、お酒を片手に気軽に語り合った参加者たち。名刺や連絡先を交換するなど、いわゆる"合コン"として大いに盛り上がった。
 「Social Cafe」は今回で2回目の開催。3回目の開催は未定だが、好評によりまだまだ続けていく予定。この新しい合コンに興味があるという人は、日本ソーシャルブロガー協会のブログをチェックして欲しい。

(取材日 2010年11月26日 東京都虎ノ門)

(2010年12月 2日 00:00)
From CANPAN NEWS
東北地方太平洋沖地震支援基金

CANPANプロジェクト

日本財団

CANPANレポート