第2回ビアーズ・フォー・ブックスin六本木農園開催

農家のこせがれネットワーク宮治氏プレゼンの様子 10月19日夜、話題のファームレストラン「六本木農園」にて、CANPANセンター主催のチャリティ・イベント「ビアーズ・フォー・ブックス(B4B)」が開催された。
 CANPANプレゼンツのB4Bは、8月に続いて二回目の開催。外のスペースだけを使って行われた前回と違い、店内全部を使って、ゆったりとした空間でビールを楽しめたと参加者たちにも好評。また、時間も18時から23時と長めに設定したことで、より多くの寄付を募ることができた。
 今回は、イベント生みの親である、ゲーリー・ブレママンさんも登場。20時からのプレゼン・タイムでは、B4Bのコンセプトのコンセプトや利点などを、マイクを使いながら説明。その後も次々にジョッキを重ねながらて、参加者たちと語り合っていた。
 もう一人のゲストは、「農家のこせがれネットワーク」宮治勇輔さん。日本の農業について具体的な数字を交えながらわかりやすく説明、好評を得ていた。
 前回はラッシュアワーのようだった生ビール売り場も、サーバーの台数を増やしたことからスムーズに流れた。「レンコンのナンプラー炒め」など、野菜中心のメニューも人気だった。中でも「新米のおにぎり」はシンプルながら滋味溢れる逸品と大好評、小麦粉を使わないでつくった「農園カレー」と並んで「シメの一皿」として引っ張りだこ。
 最終的には258冊もの本が、カンボジアやラオスなど途上国の子どもたちに贈られることとなった。

(取材日 2010年10月19日 東京都六本木)

(2010年10月21日 15:00)
From CANPAN NEWS
東北地方太平洋沖地震支援基金

CANPANプロジェクト

日本財団

CANPANレポート