アキバとハマをつなぐ友情の「打ち水」

打ち水大作戦ので製作したたらいと手ぬぐい
 秋葉原の駅前で「打ち水」を行うメイドやコスプレイヤーたち...。アキバの夏の風物詩として、すっかりおなじみになった光景だ。このイベント「うち水っ娘大集合!」を手がけるNPO法人リコリタが、今年はCANPANセンターと共に、横浜市とがっちりスクラムを組む。
 
 7月23日、横浜中華街・媽祖廟(まそびょう)前で行われる打ち水に、秋葉原からメイドが参加する。また、8月1日には今年の「うち水っ娘大集合」イベントが行われるが、こちらには横浜からチャイナドレス軍団が加わり、午前11時からの打ち水に参加。終了後は一同揃って今度は横浜に移動、赤レンガ倉庫前で行われる横浜市主催のイベントに加わり、花火大会を控え盛り上がるハマの地で、「萌え~」な打ち水を演出する。CANPANセンターのコーディネイトにより実現したこの「夢の顔合わせ」、首都圏各地で話題を呼びそうだ。

(取材日 2010年7月8日 神奈川県横浜市)


(2010年7月21日 19:00)
From CANPAN NEWS
東北地方太平洋沖地震支援基金

CANPANプロジェクト

日本財団

CANPANレポート