子どもに遊びを提供すること、それ自体が世代間交流【だがしや楽校】

 

だがしや楽校大人たちが寄り集まって、自分の得意な趣味や特技、遊びなどに関わる「屋台」を出店。遊びに来た子どもたちとの間で、世代間交流が始まる...このユニークな取り組み「だがしや楽校」が、いま、注目されている。

 とある休日、公園の一角に集まってくる、ひとクセありそうなオトナたち。ビールケースにベニヤ板を載せた上に、ある者は特製のシャボン玉キット、ある者は見たこともないような珍しい木の実を山ほど広げる。子どもたちは面白そうなものに敏感だ。次々に駆け寄ってきては「これ何?」「どうやって遊ぶの」と興味津々...。これが「だがしや楽校」の典型的な風景だ。

 参加する大人が、ビールケースとベニヤ板でできた自分の「店」に得意種目を並べる。そこにやってくる子どもたちや、かつての子どもたちと会話が始まり、そして遊びの輪が広がっていく。昔はどこにでもあった「駄菓子屋」の役割=食べ物やおもちゃを通して社会との関わりを学んでいくこと...を、現在に復活させようというコンセプトから「だがしや楽校」と名づけられた。山形県でスタートしたこの取り組みは、現在全国各地に広まりつつある。

 コーディネイターとして活躍しているのが、米沢市在住の山口充夫氏。

「子どもに遊びを提供しているようなものですが、実際には世代間交流の場が実現しているんです」

 一見すると、それは、子どもが大人に遊びを「教わる」場のように見える。だが、一方的なものではない。

「大人も子どもの感覚になって、子どもから学ぶ場でもある。この視点に惹かれました」(山口さん)

 学校ではなかなか見られない、子どもたちのいきいきした笑顔が飛び出す場、それが「だがしや楽校」。自分たちの地域でも開催したいという希望者は多い。しかし、面白そうだから、ぜひ同じコトをやってくれ...というのでは、この催しは難しい。

「自分が地域で何かをしたい、伝えたいという思いが必要です。自分を見せていくということ。人は誰でも自分が得意なものをもっていますが、それに気付かない人は、難しいですね」(山口さん)

「だがしや」はイベントではない。「お願いします」といろんな人がやってくるけれど、問題は「あなた方が何をするか」。コンセプトが打ち出されていなければいけない。だが、あまり難しく考えすぎる必要もない。山口さんが、これまでに見た「だがしや」の店で面白かったのは東北芸術工科大学の学生が出店したもの。

「集まってきた子どもたちに、勝手に絵を描かせるんです。みんなてんでんばらばらに好きなことを描きますね。まったく脈絡はないんだけど、それで紙芝居を作るんです。ストーリー性をもたせる。最初はみんな、うーん...って頭を抱えるけど、話し合っているうちに、何となくストーリーができてくる」

 別に難しいことではない、ちょっとした「ひとひねり」。工夫、仕掛けを施すことで会話が生まれ、参加した子どもたちの間に達成感が生まれていく。「だがしや楽校」では、こんな光景が日常的に展開されている。

 山口さんは、もともとラジオ好きなサラリーマンだったが、米沢でコミュニティFMを立ち上げようという動きがあり、市民活動に参加することになった。結局、様々な障害があり、FM局の話は頓挫することになったが、もっと自由に好きなことができるインターネットラジオ、ポッドキャストといったツールを使い、「おきたまのラジオマン」として、活動を始めていく。その過程でめぐり合ったのが「だがしや楽校」であり、その面白さに共感、コーディネイターを務めるまでになった。

「結局は『出会い』の楽しさですね。コミュニティFMを立ち上げていく過程でいろいろな人に出会い、『だがしや』にも巡り合った。いま各地にコーディネイターとして出かけても、どんな人たちが集って、どんな人たちが生きているのか、その出会いが一番楽しい。ネットワークを広げていくことに、ワクワクする毎日ですね」(山口さん)

(取材日2009年11月7日 山形県米沢市)

(2010年4月18日 00:00)
From CANPAN NEWS
東北地方太平洋沖地震支援基金

CANPANプロジェクト

日本財団

CANPANレポート