長野県小諸市発、未来のための"こもろはす"な暮らし【こもろはす会議】

NPO法人「こもろはす会議」の岡本氏と花岡氏

石油、天然ガス、石炭などの化石燃料への依存率が80%に上る我が国日本。限りある資源に頼らず、しかも二酸化炭素も放射能も出さない、安全でクリーンなエネルギーを市民と行政が一体となって推進する町、それが長野県小諸市だ。 

小諸市では、市内8校の小中学校でソーラーパネルが設置されている。この「学校太陽光発電所」で作られた電力は、「グリーン電力」として認証され、企業などに購入される仕組みが導入されている。昨年の東京・丸の内のイルミネーションも、小諸の「学校太陽光発電所」で発電されたものが使われた。

「小諸は全国一日照時間が長い場所なんです。しかも空気が冷涼で澄んでいるから、光が乱反射しにくくてダイレクトに届く。だから太陽光発電に向いているんです。日射量で言えば日本一とは言えませんが、太陽光発電の効率の高さであれば1位と言ってもいいのではないでしょうか」

そう語るのは、市民の立場で「ロハス」の理念に基づき、様々な活動を行うNPO法人「こもろはす会議」岡本一道さん。「学校太陽光発電所」の計画も岡本さんたちの提案から実現したもの。岡本さんの自宅も10年前から太陽光発電を取り入れ、自給率120%の電力を生産しているという。

「大都会を中心にしたエネルギーと人口の集中が、日本社会全体の歪みの原因だと思っています。だから地方でもエネルギーも含めて、暮らしそのものも地域の中でなるべく小さなサイクルの中で完結する社会を目指していくべきだとずっと考えていました」

 岡本さんの出身は神奈川県。しかしエネルギーの一極集中や石油への過剰依存、都市への人口集中などに疑問を持った岡本さんは、サラリーマンの職を捨て、33年前にここ小諸に居を移すことに。

「私は外から来た人間ですが、地域に住んでいる人ってその地域の良さが意外と見えてないんです。ここは日照時間が長くて降雨量が少ないという素晴しい特性を持っている。昔は誰も気候のことなんて話題にしませんでしたが、今では街中で"小諸はお天気の日が多いからね"なんて、合言葉のように話すようになりました(笑)」

 こもろはす会議のメンバーは、それぞれが自分たちの考える形で「健康で持続可能なライフスタイル」を推進している。会長の花岡隆さんも、ご自身が経営する温泉旅館「常盤館」で使用するエネルギーを、石油から薪へとシフトすることで"ロハス"を実践しているという。

 同旅館の薪ボイラーは1.8mに裁断した間伐材を丸太のまま投入できる、花岡会長のオリジナル。薪は柱などに利用できないものを購入しているという。

「これによってうちは25%のCo2削減に成功しています。石油は約3分1削減することができました」

 丸太をそのまま投入できるほどにボイラーが巨大な理由は、薪割りなどにかかる人件費を削減するためとのこと。

「うちがロハスな企業だと分かりやすくアピールするのには、やっぱりCo2を削減することだと思ったんです。こもろはす会義の代表だから、これくらいのことはやらないと威張れないでしょ(笑)」

 このような流れを受け、小諸市役所にも一時期は「ロハス政策課」という名の部署ができたほど、小諸市はロハス政策に感心が高い。ただし花岡会長、そして岡本さんは"ロハス"という言葉はさほど重要ではないと口を揃える。

「ロハスという言葉はどうでもいいんです。軽くて耳障りがいいから入っていきやすいってだけ。本当は重たくて批判性の高いテーマでも、入り口は軽く。手法の問題ですね」(花岡隆会長)

「結局行き着くところは"持続可能性"ということなんです。本当は当たり前のことなんだけど、それができてないんです。"持続不可能"になる前に、そちらにシフトしていかなければならない」(岡本一道さん)

 日本、そして世界が"持続可能性"のある社会を模索する中、小諸市は確実に一歩先を進み、我々にその道筋を示していると言えるだろう。

(取材日2009年11月3日 長野県小諸市)

 

(2010年4月17日 00:00)
From CANPAN NEWS
東北地方太平洋沖地震支援基金

CANPANプロジェクト

日本財団

CANPANレポート