江戸時代の建物は簡単に壊せる。でも二度と元に戻すことはできないんです【小諸町並み研究会】

長野県小諸市の古い町並み島崎藤村「千曲川のスケッチ」などで知られる城下町、信州・小諸。北国街道を中心に点在する歴史的な建造物を守り、地域おこしにつなげていこうと、NPO「小諸町並み研究会」がユニークな取り組みを続けている。

 江戸時代に建てられた歴史的建造物、北国街道・小諸宿の旧脇本陣・粂屋。ふだんは空家で、静まり返っているこの家に、時ならぬ喧騒が訪れた。2009年11月3日、NPO法人「小諸町並み研究会」主催の「使って残したい伝統的建物の見学会」が開かれたのである。この日公開されたのは、脇本陣を含め四棟。小諸の街中には、江戸から戦前生まれの歴史的建造物が数多く残されているが、オーナーの高齢化や代替わりで、その多くが解体の危機に瀕している。
 古い建物は「壊すのはカンタンだけど、後から復元しようと思っても不可能」(甘利真澄副理事長)。持ち主たちも、思い出の詰まった建物を壊すことに抵抗がある。
 そこで、研究会では、オーナーサイドに対し「店舗として活用しては」と提案、見学会を開催したというわけだ。地元放送局の取材なども入り、この日は結局、百人余りの人々が、江戸の息吹に触れることができた。

 小諸藩一万五千石の城下町であり、北国街道の宿場としても栄えた小諸。城址である懐古園は有名だが、街中にも江戸以来の古い建物が散在する。また島崎藤村や高浜虚子が滞在した町でもあり、文学史跡も多く、文化の香り高い土地なのだ。
 しかし、この小諸もまた、地方都市ならではの悩みを抱えている。モータリゼーションの発達による市街中心部の空洞化や、若者たちの都会への流出。また、当初ミニ規格で開通するはずだった北陸新幹線が、長野五輪の実現によりフル規格となり、その結果小諸を素通りすることになったのも、市民に大きなショックを与えた。
「でも、それを口実にしちゃダメなんです。小諸が抱えているのは、典型的な地方都市の問題。新幹線が来ないからさびれたわけではないですよ、と。そこから、我々の活動が始まりました」と、NPO法人・小諸町並み研究会の甘利真澄副理事長は語る。

 研究会が産声を挙げたのは、オリンピック前年の97年。「水と緑の探検隊」というイベントで知り合った市民たちが立ち上げた。
「歩いてみたら、小諸の魅力に改めて気づいたんです。子どももたくさん参加していましたが、彼らの視線が大人とは全然違う。こういう目で、街を見たらどうなんだろう...ということで始まった」(甘利副理事長)
 研究会は、市当局と、ときには激烈なバトルを繰り広げながら、街の魅力を市民たちに喧伝してきた。
「大正時代のお味噌屋さんを、市が買って駐車場にすると。冗談じゃないって、もう、罵倒のし合い。向こうは市民に対しては表面上は丁寧ですけど、こちらは『ふざけるな』『頭ついてんのかお前には』とか。いまは良好な関係ですが(笑)」(甘利副理事長)
 研究会の努力が実り、現在その場所は「ほんまち町屋館」というコミュニティースペースとして、市民に親しまれている。

 小諸町並み研究会では、歴史的建造物を守ろうとする取り組みと並行して、さまざまなイベントを開催している。「城下町・忍者クイズラリー」もその一つ。
 小諸育ちの子どもたちの多くは、高校を卒業すると都会に出て行き、そのまま戻ってこないケースが多い。
「それでも、鮭が生まれた川に帰ってくるように、子どもたちにもいつか戻ってきて欲しい。そんな願いをこめて、小諸の古い町並みの良さを彼らの心に焼き付けておこうという遠大な計画なんです」(甘利副理事長)
 普段は見られない歴史的建造物の内部をじっくり眺めたり、しめ縄作りにチャレンジするなど、楽しく遊びながら小諸の文化に触れることができるこの催し。毎年400から500名ほどの小学生が参加し、「小諸の香り」を記憶の中に焼き付けていく。
「最近では、OBの高校生が運営を手伝ってくれるようになりました。少しずつ、成果が上がってきているかな」(甘利副理事長)

(取材日2009年11月2日 長野県小諸市)
(2010年4月16日 00:00)
From CANPAN NEWS
東北地方太平洋沖地震支援基金

CANPANプロジェクト

日本財団

CANPANレポート